Life with movies 『南極の恋』Till the End of the World 南極之恋【感想・レビュー】
Life with movies

『南極の恋』Till the End of the World 南極之恋【感想・レビュー】

『南極の恋』Till the End of the World 南極之恋【感想・レビュー】



2018 東京・中国映画週間上映作品

スタッフ

監督・脚本:ウー・ユーイン(呉有音)Youyin Wu

キャスト

マーク・チャオ(趙又廷)Mark Chao:Wu Fuchun
ヤン・ズーシャン(楊子珊)Zishan Yang:Jing Ruyi

あらすじ

南極で一機の小型飛行機が墜落した。生き残ったのはブライダル会社の代表取締役のウー・フーチュン(呉富春)と高空物理学者のジン・ルーイー(荊如意)。全く接点のない二人が極寒の地で75日間のサバイバル生活を送ることに。(2018東京・中国映画週間公式HPより)

南極で撮影された映像のリアルさ

この作品は、実際の南極で撮影されている。それ故に、主人公が前半、軽いキャラクターとして登場しても、背景の映像の厳しさが、南極のそれを映し出している。そのリアルさから伝わる緊張感は、観客にも伝わり、物語のラストシーンまで緊張感を持たせている。監督自身が中国極地観測隊のメンバーであり、実際に観測研究も体験し、脚本も担当していることで、さらに演出にもリアルさが増している。

極寒での演技

この物語は、ほぼマーク・チャオとヤン・ズーシャンで構成されている。実際の極限状態を体感しながらの2人の演技からは、南極の温度が伝わってくる。特にマーク・チャオは雪原での体を張った演技が多く、軽妙なキャラクターに対比して、その体当たりの演技が観客を魅せるものとなっている。

南極で起きるリアル

物語は、恋愛を主軸に展開しているが、その背景で南極で起きうることが映像を通して伝わってくるので、特に若い年代でこういう物語に出会うと、地球の自然の凄さが理解できるだろう。

作品全体として

映像は、南極観測隊の協力を得ながら撮影されているため、圧倒的にリアルで、2人の演技も素晴らしい。ただ、物語のクライマックスシーンでは、脚本が元観測隊である甘さからか、ドラマ性に欠けた演出になってしまった。ラストシーンは、もっと盛り上げる演出があっても良かった。

2018東京・中国映画週間公式HP
http://cjiff.net/

『南極の恋』Till the End of the World IMDB
https://www.imdb.com/title/tt7962598/

0 件のコメント :

コメントを投稿