Life with movies 『僕はチャイナタウンの名探偵2』DETECTIVE CHINATOWN II 唐人街探案2【感想・レビュー】
Life with movies

『僕はチャイナタウンの名探偵2』DETECTIVE CHINATOWN II 唐人街探案2【感想・レビュー】

『僕はチャイナタウンの名探偵2』DETECTIVE CHINATOWN II 唐人街探案2【感想・レビュー】


2018 東京・中国映画週間上映作品

スタッフ

監督・脚本:チェン・スーチェン(陳思誠)Sicheng Chen

キャスト

ワン・バオチャン(王宝強)Baoqiang Wang:Tang Ren
リウ・ハオラン(劉昊然)Haoran Liu:Qin Feng、Chin Fong
シャオ・ヤン(肖央)Yang Xiao:Song Yi
ナターシャ・リュー・ボルディッツォ(劉承羽)Natasha Liu Bordizzo:Chen Ying
妻夫木聡:野田昊

あらすじ

タン・レンは甥のチン・フォンを自らの結婚式を挙げると偽りの招待状でNYへ呼び出すと、500万ドルを賭けた事件解決の推理ゲームに参加することに。世界各国の名探偵と競いながら、解決の糸口を探るうちに背後に隠された秘密へとたどり着く。(2018東京・中国映画週間公式HPより)

中国映画資本を体感するエンターテイメント作品

今回、物語の舞台はNYとなっているが、かなりの規模でNYロケが行われている様子。街中を主人公達が縦横無人に走り回り、カーチェイスやバイク、馬まで走り回っている。
近年、ハリウッド映画もかなりの比率で中国資本が入っているが、本作品はその資本力の凄まじさが体感できる。
そして、それだけの資本を、コメディ作品に投資していることも注目。日本のコメディ作品は、俳優のキャラクター性と脚本には投資するが作品全体のスケールとしては小振りなものが多い。それに対して、このお正月映画感満載のコメディへ投資できる中国映画界は凄い、そして、素敵だ。

妻夫木聡も登場!

主人公のライバルであり、仲間ともなる探偵たちは世界各国から集まった設定だが、日本からも妻夫木聡が参加している。それも、探偵ランキングトップを争うライバルとして登場し、物語のアクセントにもなっている。多様な作品に参加する彼の順応性が、近年は世界へも幅を広げている。妻夫木聡ファンは、世界の舞台での彼の姿も見ておいて、損はないだろう。

2018 東京・中国映画週間公式HP
http://cjiff.net/

『僕はチャイナタウンの名探偵2』DETECTIVE CHINATOWN II IMDB
https://www.imdb.com/title/tt7752454/

0 件のコメント :

コメントを投稿