Life with movies 『純粋な心』Cuori Puri【感想・レビュー】
Life with movies

『純粋な心』Cuori Puri【感想・レビュー】

『純粋な心』Cuori Puri【感想・レビュー】

(C)2017 Young Films.

スタッフ

監督:ロベルト・デ・パオリス Roberto De Paolis

キャスト

セレーネ・カラマッツァ Selene Caramazza:Agnese
シモーネ・リベラティ Simone Liberati:Stefano
バルボラ・ボブローヴァ Barbora Bobulova:Marta

あらすじ

17歳のアニェーゼは母と2人暮らし。熱心な信者の母は娘を厳しく育て、結婚するまで純潔を守らせようとする。血気盛んな25歳のステファノは駐車場のガードマン。しがない日々から抜け出せず苛立ちを隠せない。全く異なる背景を持つ2人だが、予期せぬ出会いを果たすと、お互いに抑えていた思いがあふれていく。(イタリア映画祭 2018公式HPより)

イタリア映画祭 2018 舞台挨拶から

Q&Aに登壇したロベルト監督は、作品の描きたかったことに関する質問に「構想時点では、恋愛要素は強くなかったが、撮影を進める中で主演の2人の距離が近づいていき、その結果、恋愛のシーンが強くなった。脚本段階では、異なるエンディングの展開を用意していた(アニューゼは車から降りず、ステファノはロマの青年へ暴力を振るう形)が、2人の想いから、本作のラストとなった。2人は、それぞれ「教義」「仲間」にある種守られた世界から愛ゆえに、その外へ出た形を描いた」と語った。また、主演の2人、神父役の俳優のリアリティについては「神父は元々、もっと復讐的に描く予定だったが、現地の神父に会い、その姿を投影することで、変化した。また、アニューゼが教会で会う若者たちは、実際に教会に通う若者たち。アニューゼ役のセレーネは自主的に数か月間、実際に彼らとともに教会へ通ってくれたし、ステファノ役のシモーネは舞台となった地域に住んで生活してくれた。彼らが実際に生活して得たものが、映像に出ている」と語った。さらに、撮影する方法が途中から変更されていることについては「この作品は、俳優の現場での自主性により生まれた演技を大切にした。自由度を持たせた。その結果、固定カメラを重用した前半から、途中から手持ちで俳優を追いかける形になった。よって、編集は焼き直すような形の編集となった」と話した。

イタリアの「今」を映す

今回上映された2017年にイタリアで上映作品は、特にイタリアの社会を投影する作品が多い。本作では、EUの中で、多くの移民を受け入れてきた(今なお、増加している)こと、一方で失業率が上がり、雇用問題が深刻化している国内情勢を背景にして、失業問題を移民のせいにする姿や、失業してロマと同様に、流浪の生活になりたくないという恐怖感が描かれている。このことは、映画にリアリティを与えると同時に、私たちへイタリアの抱える問題の重さを体感させることとなっている。

等身大の主人公

主演の2人は新人がキャスティングされているが、監督、主演の2人が長期間に渡り、舞台となった街に実際に住み、生活し、住んでいる方の話を聴く形で、脚本が、役作りがされることで、恋愛、若さ、社会への焦燥感、怒りなどがストレートに伝わってくる。演技の中に真実がある。

作品全体として

ドキュメンタリーではないが、現在のイタリアの人、社会を描くことに成功した作品。鬱積する国内の空気までが、観客に伝わってくるリアリティと、そんな中で、2人の若者が自分たちにとっての真実とはなにか、愛とはなにかを目指していく姿が、我々の心を動かす。

『イタリア映画祭 2018』公式サイト
http://www.asahi.com/italia/2018/
『純粋な心』IMDB
https://www.imdb.com/title/tt5929226/

0 件のコメント :

コメントを投稿