Life with movies 『血観音』The Bold, the Corrupt and the Beautiful【感想・レビュー】
Life with movies

『血観音』The Bold, the Corrupt and the Beautiful【感想・レビュー】

『血観音』The Bold, the Corrupt and the Beautiful【感想・レビュー】

(C)MandarinVision Co., Ltd.

スタッフ

監督・脚本:ヤン・ヤーチェ(楊雅喆)YANG Ya-Che

キャスト

カラ・ワイ(惠英紅)Kara Hui:Madame Tang
ウー・クーシー Ke-Xi Wu:Tang Ning
ヴィッキー・チェン(文淇)Vicky Chen:Tang Chen

あらすじ

冷静沈着な当主・棠夫人、自由奔放で反抗的な娘・棠寧、控え目で従順な孫娘・棠真。日本統治時代の名残りをとどめる豪邸で、女性一家3人で古物商を営む“棠家”には「台湾政財界のフィクサー」というもうひとつの顔があった。あまりにも強い棠夫人の支配下で、微妙なパワーバランスを保っていた棠家であったが、友人の林県長一家惨殺事件発生をきっかけに、そのバランスが崩れ始め、事態は政界を揺るがす大スキャンダルへと発展していく…。(大阪アジアン映画祭公式HPより)

第54回金馬奨(2017)最優秀作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞

大阪アジアン映画祭上映後舞台挨拶から

ヤン監督は、タイトルについての質問に「観音の前に「血」をつけるだけで、恐ろしい名前になる」と話し、また、ポスターと作中に登場する絵については「台湾の著名な女性画家の作品で、彼女自身にも物語がある。中央の赤は、日本でいう彼岸花。無表情に描かれた3人の女性だが、3人にそれぞれ物語・愛の形があり、それが1つの物語に融合している。世の中に救いがなければ、地獄のようになってしまう。夫人が最後に死にたくても死ねないというのは、救われなかったことを意味している」と語った。また作品中の日本語での「私はさびしい」というセリフの意味を聞かれ、「セリフは工夫した。日本語を学ぶのは、上流階級の証でもある」と話した。さらに、女性3人3世代を描こうと考えた着想は、と問われ、「元々の脚本は、探偵ものだったが女性プロデューサーからOKが出なかった。逆に女性を描いてほしいと依頼された。脚本を書く際には、図書館で書いていたが、少し正装をすることで、女性がヒールやドレスを着る気持ちを意識した」と脚本の秘話を語った。

文淇(Vicky Chen)という恐ろしい才能

主人公の3人の女性を演じるカラ・ワイ、ウー・クーシー、ヴィッキー・チェンは、いずれも本作での演技は素晴らしく、金馬奨では、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞を獲得しているが、中でもヴィッキー・チェンが大注目。若干14歳でこの演技力は末恐ろしい女優で、今後はアジアだけでなく、世界を席巻する可能性を秘めた新星の登場である。この作品で金馬奨の最優秀助演女優賞を獲得しているだけでなく、主演作『天使は白をまとう』では、主演女優賞にもノミネートされている。今後の出演作品は、要注目である。

緊張感がたまらない

前半から登場人物の放つ演技というかプレッシャーが強烈で、目を離すことができない。それは、ベテラン俳優だけでなく、新人の文淇を含め、その表情、しぐさ、セリフのどれを取っても、意味ありげで、展開が予想できない。

作品全体として

凄みのある名作。日本のやくざ映画とは違う、それでいて同じぐらい闇を感じる世界観に圧倒される。作品の素晴らしさという意味でも、俳優陣の演技の良さという意味でも、観ておくべき作品。日本での本格公開が期待される。

大阪アジアン映画祭 公式サイト内『血観音』ページ
http://www.oaff.jp/2018/ja/program/c02.html

0 件のコメント :

コメントを投稿