Life with movies 『ティートとエイリアン』Tito e gli alieni【感想・レビュー】
Life with movies

『ティートとエイリアン』Tito e gli alieni【感想・レビュー】

『ティートとエイリアン』Tito e gli alieni【感想・レビュー】

(C)2017 BiBi Film.

スタッフ

監督:パオラ・ランディ Paola Randi

キャスト

ヴァレリオ・マスタンドレア Valerio Mastandrea:Professore
クレマンス・ポエジー Clemence Poesy:Stella
Luca Esposito:Tito
Chiara Stella Riccio:Anita

あらすじ

ナポリ出身の科学者ビオンディは、アメリカ・ネバダ州にある秘密の軍事施設「エリア51」の近くで米軍の極秘計画に携わっていた。だが、妻を亡くして落胆し、6年もの間、毎日ソファの上で宇宙からの音に耳を傾けていた。故郷で兄フィデルが亡くなると、兄の娘アニタと息子ティートの面倒を見ることになり、渡米してきた彼らとの奇妙な生活が始まる。(イタリア映画祭2018公式HPより)

センスが必要なジャンル

ファンタジーは、監督、脚本家の想像力とセンスが大切である。本作は、SF的な設定かとおもいきや、小気味いいハートウォーミングなファンタジー作品だった。登場するAIはレトロなデザインで可愛らしさがあり、子供の頃の夢を形にしたような雰囲気を醸し出している。また、妻のために作ったであろう観測用の家のソファなどもお茶目。このあたりは、パオラ監督のセンスといえる。

心の交流は普遍的な共感の鍵

妻を失い失意の主人公と、父親を亡くした姪と甥の心の交流の物語。不器用な科学者の主人公と幼い甥の少年の姿が重なって見えるような演出がよい。刺激的な作品が多いなか、優しい時間の中で、幸せな気持ちを共感できる作品で、癒されます。

作品全体として

可愛らしさやセンスの良さが、ゆっくりと体に溶け込んでいくような作風は、好感。調度品や光の使い方も作品の物語と一貫性があり、監督の世界観が伝わってくる。忙しい現代では、このような少しだけ時間をゆるやかにする作品が必要なのではないだろうか。

『イタリア国際映画祭』公式サイト
http://www.asahi.com/italia/2018/
『Tito e gli alieni』
https://www.mymovies.it/film/2017/titoilpiccolo/
『Tito e gli alieni』IMDB
https://www.imdb.com/title/tt7677228/

0 件のコメント :

コメントを投稿